読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

通販担当の雑多回顧録

仕事の通販のことは少々。自己啓発・引き寄せの法則ネタ。あとは最近生まれた我が子ネタ等色々書いています。

通販部の成長を止めるものとは一体?

今日は会社で通販部の会議があり、この時期になるといっつも悩まされています。

 

この時期は来年度の年間計画を立てる時期。来年度売上なんぼで利益なんぼ残すのか?って話をするんですね。とっても気が重いです。

 

何故か?

 

結論から言うと結局机上の空論になっちゃってるんですね。

 

売上目標を目指してはいるけど…

前年比120%。僕がいる通販部は毎年こんな目標だったりします。通販というのは沢山の経費を使うんだからそれだけ頑張れよ!売上あげろよ!利益残せよ!ってのが通販部に対しての要求みたいです。

 

えぇ、わかってはいるんですよ。そりゃね通販ってめっちゃ金使いますから。

 

売上に対して各費用は以下のように使います。

間接経費…10%
人件費…10%
DMプロモーション費…12%
新規広告費…11%
 
<フルフィル費用 14%> 
仕入れ費用…0.5%
雑費…0.5%
フリーダイヤル…0.3%
各種決済手数料…2.2%
配送料…10.5%
 
DM資材費…2%
製造原価…36%
 
上記合計 95%
 
つまりは利益5%残そうって考えです。
 

やっぱ新規獲得費がデカイ

項目の中でデカイ割合で一番重要なのが新規広告費。これは通販の要である新規顧客獲得費用です。何か事業をする時投資しますよね。製造なら設備に。小売なら店舗に。通販で言えばまずはこの新規獲得に投資するんです。
 
ウチは新聞広告に投資して新規顧客を集める。だから広告≒店舗なワケです。そんな考えでやってるんですけど、他部署からしたらただの広告費だろって感覚で減らせ減らせといろいろ仰る。毎回この部分をいくらに設定するかで揉める。
 
でもですね、この広告費を削れば通販事業は立ちいかなくなる。だって小売で言うところの店舗を無くすに等しいですからね。まぁそんな批判のはねのけ広告予算をもらって事業を進めてきましたよ。
 
新聞に出して毎回お客さんが沢山注文してくれたら良いですけどそうもいかない。良い悪いは当然有ります。結果が悪ければ「ほらみろ、やっぱダメだ」とか「売上が少なければ予算通りに広告費使ってちゃダメだ。抑えろ」なんて仰る。
 
そんなこんなで、1年が過ぎていって結局中途半端な顧客数しか注文くれてない状況になり最終的な売上もあんま前年と変わらず120%なんて遠い夢となる…。
 

成長を抑制するものとは

それは他部署からの理解が得られてないこと。もっと言えば販管費抑制思考ですね。販管費は極力減らせ。そうすれば利益は出る。それは確かに正しいでしょう。通販以外ならね。でも通販では違う。成長するぞって時には売上に対して50%かけることもある。単年で考えれば当然赤字ですが、そこは2年、3年と考えた時にどうなっているのか?そんな風に考えて利益を残すのが通販事業です。そこに悩み苦しみまた今年も同じ結果になってしまうのかとちょっと絶望中。
 

どうすれば現状を変えれるか?

社内での理解を得るのも必要ですが、受注を受ける体制もしっかりしてないとダメです。新聞に広告出して見た人が注文してきます。その注文を受けるのは今のところ自社で受けてます。会社によってはコールセンターを外注して受けるところもあります。しかしうちの場合は自社でやるから結構大変。例えば1日に500件注文がきたとしたらどうでしょう?それを受ける人が100人いたら1人5件で済む話ですが、現状受ける人数は多くて4人です。一人あたり125人受ける計算ですね。
 
一人あたり3分話したとして125人×3分=375分。375÷60分=6.25時間ですね。1日の大半を電話を取ることに集中することになります。細かく言えば4人のうち2人は別部署の人間です。つまり通販受注は2人で電話を取るだけが仕事じゃなく入力作業して、その後請求書や送り状を印刷しセットアップする作業までやっているというかなりハードなもの。まぁ、これは極端に書きましたが人数が少なけりゃこんな状況にもなります。
 
そんなハードな状況なので電話受けようにも、もうそろそろ自社受けは限界ってところまで来てるんですがいかんせんコールセンターをやったことがないので「お金かかるんじゃないの?」とか「まだウチのような規模では時期尚早」みたいな声もちらほら。いやでもね、十分すぎるほどコールセンターやったほうがいいレベルだと思うんですけどね。
 
この部分の他部署からの理解度も低いです。「電話なんて簡単に取れるでしょ。わざわざコールセンターなんていらないよ」と肌感覚で感じます。そんな状況だから新規の件数をしっかり獲得できない。獲得できなければ売上を作ることに繋がらない。そうなれば金だけ使って何やってんだ通販部は!?みたいな事になっちゃうんですね。こんなのをもう何年も繰り返してずっと成長できずに売上はずっと横ばい状態です。
 
新規を獲得出来ていないのは受ける人だけじゃない。受ける回線も当然影響します。うちは3回線しかない現状でお客さんが一気に電話してくる状況って想像できますか?殆どのお客さんがつながらなくて通話中状態です。あとでかけてきてくれた人は「なんかずっと話し中よ、何やってんの?」なんてお叱りの声も頂きます。
 
とまぁ、色々と問題を抱えているわけでしてね。成長の踊り場というヤツでしょうかね。
 

まとめ

毎年同じ結果にならないためにしっかりと新規予算をもらってコールセンターで新規獲得を実行する。もうこれだけ。出来なけりゃまた同じ結果です。頑張れ俺。
 
 
 
 
 
 
 

妻がいない6時間。果たして俺は無事子守が出来るのか!?

あらすじは前回のエントリーから。 


お母さんって凄い 

妻が友人の結婚式に参加するため家を6時間空ける。その間なんとか俺1人で乗り切らないといけない。今回1人で子守をしてみて、ホント世のお母さんは大変なんだなと身を持って知りました。そんなお母さん方がこの内容見たら「たった6時間ぐらいで…フン」って思われるかもですが、俺なりに頑張った記録として記事に残しておきます。

 

f:id:kawanaka_shouyu:20170109171957j:plain

 

我が子との6時間

ナイトウェディングってことで妻は15時に家を出た。とりあえず俺の考えた作戦は「ミルクを飲ませて寝させよう!」だった。いつも母乳を飲んだらウトウトして寝る我が子だからミルクでも上手くいってくれるだろうと安直に考えたのだ。

 

飲ませてすぐに寝てくれた…が、わりとすぐに目を覚ます。そっからはずっと泣きっぱなし。

 

ヤベェヤベェと焦る俺。何とかせねば…。

 

そうだ、兄貴から貰ったベットメリーであやしてみよう。なんか6通りに使い方があるようで、組み立てたメリーの近くで抱っこしながら泣き止むのを期待する。

 

6WAYジムにへんしんメリー

6WAYジムにへんしんメリー

 

 

音と動きによってじーっと見つめる我が子。やったこれでなんとか泣き止んだ。

 

だがそれも長くは続かず、次に抱っこ紐を装備してみるもやっぱり泣きやまず。そんでミルクをまたやったりしてみるも泣きやまず。

 

もう俺、引き出しがない…。どうすれば…。

 

時計を見たらもうちょっとで18時。いつも妻はこのぐらいの時間に風呂に入れているのでよっしゃとばかりに湯を張って風呂に入れる準備。

 

早速入れて落ち着く我が子。風呂が好きな我が子は風呂の最中はほとんど泣かない。手足をバタバタさせて喜んでる様子。

 

つかの間のリラックスタイムだなと安心しているその瞬間

 

ブヴォッ!

 

!?

 

湯の中で盛大にうんこをする我が子。お湯がだんだんと茶色に変わっていく。

 

Oh...Jesus…まぁ、その後は頑張って体洗ってドタバタしながら風呂を出た。

 

お風呂に結構な時間がかかった。まぁ、結果的には時間を稼げたのでよかったのかもしれない。

 

風呂に入ってる間に妻が用意してくれていた母乳を解凍して哺乳瓶に入れて湯煎する。ちょうどいい温度にしたところで我が子に飲ませるとウトウトしだした。

 

そしてなんとか寝させることに成功…だが30分後に目を覚ます。

 

妻からLINEが来て帰るのは21時半になるとのこと。その時が20時で帰るまであと1時間半ある。結構長い。例えるならドラゴンボールベジータとナッパが地球にやってきて、悟空の到着を待つクリリンの気持ちがよくわかった。マジでそんな気分だった。

 

これからのために

今回は焦りまくりでドタバタしまくった。しかし最初から上手く出来るもんでもないし良しとしよう。6時間という短い時間だけどその中でいくつか気付きもあった。「うちの子はミルクよりもやっぱ母乳が良いんだな」とか「1人で風呂入れるのって超大変」とかね。そういう体験を出来たのは収穫だった。

 

次にまた我が子と2人の時間が訪れた時は今回より成長している自分でいたい。それに妻に1人の時間を徐々に増やしてあげれたらと思う。

 

引き続き勉強+実践だな。

 

 

我が子と二人っきりの時間が訪れる不安感

妻がちょっと外出するだけでも超不安。

 

f:id:kawanaka_shouyu:20170107155701j:plain

 

不安な理由

正直泣かれた時にオロオロしっぱなしだと思う。もしギャン泣きされたらどうすればいいのか?ミルク?いやオムツ?それともただ眠たい?赤ちゃんは泣くことで感情を出すらしいから何かしらを伝えている。それを上手く察知できるかどうか。平日の夜と土日しか一緒にいないから正直まだ察知できるかどうかも不安。

 

なので抱っこ紐してとりあえず泣かせないように寝させる作戦を取る。俺はあやす引き出しが少ないのでなんとか寝てもらって凌ぐしか方法がないと考えてる。

 

後日大きな壁が待ち構えている

妻が明日結婚式に出かけるのだ。空ける時間は6時間程度と聞いている。いやー、これは超怖い。正直我が子と二人っきりになった時間はこの30分がはじめてなのだ。なのでいきなり6時間一緒に過ごすのは超不安。ギャン泣きされずにうまくあやせるだろうかとビクビクしている。

 

そこでミルクの練習をちょこちょこやってきた。なんとかミルクは飲んでくれるので大丈夫だとは思ってる。あとは泣きやまない時はおしゃぶりを加えさせてみようとも思う。そして抱っこ紐で揺らして寝させる。数少ない引き出しをフル活用して6時間を乗り切りたいと思う。

 

というか妻がいない間お風呂に入れないといけないという大きなイベントも存在する。今までも一緒に入れていたが、我が子をお風呂からあげてタオルで拭く、服を着せる作業は妻にバトンタッチしていたので、その部分を1人でやるとなると上手く出来るか不安。とにかく明日やるしかないのだ。

 

なんとか楽しみながらやっていきたい!

 

 

親父のケータイを格安SIMに変更する 其の1

ちょっと前から知っていた事ではあるんだが、親がどうもハチャメチャ通信料を払っているみたい。親父ケータイ、おかんケータイ、タブレット、自宅の光回線と主にこの4つを契約してて、毎月25,000円ぐらいかかっているとのこと。多い時には33,000円とかいってたようだ。

 

f:id:kawanaka_shouyu:20170103220613j:plain

早速ドコモショップに行って契約の見直しだ!

 

親父のケータイ

そんでさすがにこれは見なおせばもっと安くなるでしょと考えて、毎月の請求書に目を通してみた。すると親父ケータイが基本使用料で10,000近く払ってる。いやいやどんな契約だよと思って見たんだけど、なんか内訳がゴチャゴチャしすぎててよくわからない。大手3社はなんか色んなオプションがてんこ盛りで「これ本当にいるプランなんか?」って言うようなモンまでくっついてる。とりあえずこれ全部やめさせようと思った。

 

いや待てよ、ちっちゃいオプション辞めてもそんな変わらないからいっその事MNPで格安SIM使って大幅に下げようと考えた。幸いにも親父の使ってるスマートフォンは格安SIMの会社でも対応してたから、じゃあもうサッと変えちまおうと俺のほぼ独断で行動した。

 

ちなみに今回選んだ格安SIM会社はmineo。俺自身も先日AU端末のiPhoneヤフオクで買って契約した。これでだいぶ通信費を圧縮できていく予定。親父も同じ方法でやってみることにした。

やっぱSIMフリー端末を選ばなくていいのが楽。ドコモかAUで今ある端末をそのまま使えるのがこのmineoに移行できるのが大きなメリットかな。

 

おかんのケータイ

そんで次におかんケータイ。これはガラケーでとりあえず月5,000円ぐらい。まぁ、ちょっとこれは様子見で今回は置いておこう。

 

タブレット

なんかネット回線を家に引いた時にタブレットも一緒についてくるプランだったようで買ったみたい。そんでオカシイのはこのタブレットWi-Fi回線契約をつけているところ。親父はもう仕事もやめて外で仕事するわけでもない。行くとすればパチンコ屋ぐらいだろうか。だから外にタブレット持っていく機会などないのだ。

 

それをドコモの店員があれこれ言って契約させたんだろうと勝手に推測。契約した当時の事は知らんのであんま適当な事は言えんけど、60過ぎた老人に「外でネットやりますよねー」とか言って勧めたんだろうか?まぁ、そりゃもう分からん。なのでこのタブレットWi-Fiをやめる。ただ端末の代金はあと半年残っているのでそれはしょうがないのでキッチリ払う。

 

自宅の光回線

次に自宅Wi-Fi。これは継続する。オヤジのスマートフォンを格安SIMにしたので、基本的には家でいる時は自宅wi-fiにしておいてデータ通信量を抑えるのは当たり前。だからこの光は当然あって良し。タブレットもこの回線に繋げばいいし。というか光回線契約する時タブレットも付けたらお得ですよとか言われたんだろうな。もうそれはよく分からんからいいや。

 

早速ドコモに

お店に10時半頃行って、整理券を取るとお姉さんが「1時間位待ちます」とか言うけど気にせず待ってた。だいたい30分ぐらいで順番が来て、上記の状態とMNP予約番号の発行と、タブレットの回線終了をお願いした。

 

したら親父スマートフォン回線はMNPで契約終了、タブレットも契約終了で違約金がそれぞれ1万ぐらいかかる言われた。そりゃ痛いが、契約更新月はまだ当分先なのでそれを待っとくのも馬鹿らしい。契約終わらせてMNPに移って毎月の支出を抑えたほうがよっぽどいい。2万取られてもすぐに回収できる。あとMNP予約番号発行費用が2,200円程度だったかな。

 

そんでmineoには新規事務手数料で3,000円。ちょっと移行することで初月は結構費用かかるが1年で見れば余裕で回収できる。とはいえ初月どんくらいかかるんだろ。

 

解約金 10,260×2=20,520(ざっくり違約金が1万ぐらいしか覚えてないので1万で計算)

MNP転出費用 2,200

端末代金(タブレット)ひと月 3,500

おかん 5,000

光回線 5,800

 

mineo 初期費用 3,240円

月額費用 2,700円

 

ざっくり上記がかかってくると思われる。あと親父のドコモ契約この1月もちょこっと使っているからそれも請求されんだよなー、多分。まぁしゃないよな。年間で見たら結構なお得になるはず。

 

 

最後に

高齢者にあれもこれもいらないオプションとかさらにはタブレットとか勧める大手キャリアさんってどうなんでしょうね。なんかただ売りつけたいだけって感じがしてお客の利便性なんてハナから考えてないのがよく分かりますね。

 

あと高齢者になった親父を感じました。「機械操作はよくわからない」と言う親父を見て時の流れを感じました。20年前の親父ならチャチャッと店員と交渉なりなんなりして自分にあった契約をするんだろうなと思ったりしました。

 

その昔親父が新聞屋に1ヶ月購読してくれ!と言われて、「今購読している新聞屋にアンタが直接交渉してこい。そしたら取ってやる」とか無茶言ってた親父です。それが今ではその面影もあんまり感じられなくなってきました。ちょっと寂しいなと思いつつそれもしょうがないんでしょうかね。

 

それじゃまた。続報また書きます。

心を成長させれば世界が変わる。

今週のお題「2017年にやりたいこと」

 

捉え方を変えること

物事を良く考えるか、悪く考えるかは俺次第。去年までは悪く捉える考えだったから、今年は良く考える時間を増やしていきたい。

 

人に会うこと

今年は人に会いたい。なぜなら人に会うことがこれまでとは違った自分になれると感じているから。

 

いつも決まった仲間と会って、いつもと変わらない話をする。それってとっても落ち着くし楽しいのは間違いないけど新しい発見はない。

 

気心知れた人に会って楽なところばっかり行ってちゃダメで、今まで行かなかった場所に行ったり、自分より経験・知識のある人に会ったりすることが成長への近道なんだろうなと感じる。

 

繰り返すこと

人間が成長するのに必要なことは勉強でもスポーツでも何回も何回も繰り返すこと。そうしないと上手くならない。ちょっとやって求める結果なんて手に入らないんだから愚直に繰り返す。繰り返せば昨日より絶対上手くなる。

 

失敗すること

失敗って怖いし、出来ることなら避けたい。そうすれば恥ずかしい思いとか悔しい思いを感じなくて済むし。でもそれじゃいつまでたっても新しい知識・経験は身につかない。失敗を積極的に出来る心を身につけたい。

 

 さぁ、1年のスタートだ。この一年を楽しむぞ!

 

 

 

制作会社のデザイン費ってもっと下げれるよね?

広告費は抑えろ!これはどの企業活動においても当たり前なんだろうけどねぇ。 

f:id:kawanaka_shouyu:20161230202806j:plain

 

デザイン会社に何をお願いしてるの? 

 通販会社が絶対に必要なもの、それはDM。(Webだけの場合もあるけどそれでも紙DMは送ったほうがいい。)

 

そのDMを作るのは自社ばっかりじゃない。デザイン制作会社の存在がなくてはならない。

 

まずDMとはダイレクトメールのこと。会社が抱えているお客様リストにお手紙を出すということ。商品のこと、会社のこと、経営者の思いなどいろんな事を伝えれる。

 

そんな紙面を作ってくれるのが制作会社。自分たちが想いを伝え、制作会社が形にしてくれる。協力しあって二人三脚でつくり上げる。

 

デザイン物を作ってくれるから当然こちらは制作会社に対価を支払う。ただそのデザイン代というものの価格が他部署からチクチク言われたりする。「デザイン費をもっと下げれないのか?このデザイン費の内訳は何だ?」とかね。

 

内訳はDMのページ数×単価。あとは写真を撮ればその費用も加算されてる。わかりやすく言うと制作会社の人件費。あまりここで値切り交渉ばっかりしてると関係性も出来ないし、制作物のクオリティにも影響しかねない。

 

以前、表紙に使う写真をケチって自社で撮影したことあるが、クオリティがひどすぎてレスポンスにもろ影響したっていう失敗談がある。餅は餅屋というが、下手に費用を浮かせようとして簡単に写真費を削ったりすると大やけどしてしまう。

 

これは俺の感覚だけどデザイン物とかって物凄く簡単に出来てしまうって思われている気がする。「ちょちょっとやって出来るでしょ」ぐらいに思ってそう。他部署からはデザインの必要性をあまり理解はされないが、良いデザインじゃないと選ばれないのだ。

 

俺が思う良いデザインは「わかり易さ」だと思う。高齢の方が多い自社の通販は何よりもわかり易さが大事。文字は大きく、コピーは小学生でも伝わる文章で、写真はシズル感が伝わる見栄えで。要は数値化なかなか数値化できないものだから、なんかもやもやするんだろうな。

 

 

 

中小企業通販担当者のお悩み物語 其の1  右も左も分からない

通販の仕事やってもうちょっとで丸7年になりそう。でもまだまだ仕事に自信が持てないし、やれてるなーって実感がない。つまりそれは結果が出ていないという事であって、結果を出したいと常々思っているのである。

 

まずは通販ってなんぞや?そんなレベルからもう一度自分を見つめ直せたらと考え、昔のことを思い返しながら自分の通販知識を洗い出して行こうと思う。7年近くやって俺はどのぐらい成長してんだろうか。

 

 

入社当時

通販部の売上が大台に乗ったのを機に、俺が採用された。前職Webデザイナーやってて、そのあたりの知識経験を買われた採用された。今後はECサイトを充実させてより売上の拡大をしていきたいという経営者の考え。

 

社内の周りの人からみたら俺は「なんかパソコンに詳しい人」というイメージのようだ。しかし、WebサイトのデザインとXHTML+CSSでコーディングぐらいしかできない俺はさぁいきなり通販の仕事やろうと言ってできるもんでもない。とりあえず通販ってなんぞやレベルなので、同じ部署の人にしっかり教わろうと意欲満々だった。

 

入社当時の通販部は俺を除いて3人。少なく感じるが中小企業の通販部だからそのぐらいなのかもしれない。経営者である専務と、総務部の部長、そして通販事務の女の子が一緒に働くメンバー。俺に求められているのはWebで売り上げ伸ばすこと。しかしどうやってそれを伸ばしていくか。専務が「みんなで考えていけばいいのよ」とやさしい言葉をかけてもらったのを覚えてる。

 

Webで売上を上げる

その当時(2010年)の会社のホームページはコーポレートサイトの中に商品ページがあって、その商品の下に購入ボタンがくっついているような形。ボタンをクリックするとCGIのページが立ち上がり、名前・住所などの入力欄ページヘとつながる。最後に「購入」ボタンをクリックしたら会社のメールに注文情報が上がってくるような仕組み。

 

そのメールで上がった注文をプリントアウトして、通販顧客管理システムに注文情報を入力→請求書印刷→送り状印刷という流れで通販事務の女の子が1人でやってた。1日10件未満のWeb注文だったので、1人でもやれてたみたい。

 

そんな状況のWebサイトをどうしたらいいのか?無い頭で考えた。そして安直に「リニューアルしたほうがいいでしょう」という答えを導き出した。いやまぁ、結構単純な注文機能だったし絶対変えたほうがいいと思ったからそう言ったわけです。

 

当時WebCreatorsなんて雑誌の「売れるECサイト50の機能」みたいなのを見ながら「これに沿ったサイトを作れば売れるな!」とか簡単に考えてた。まぁ、そんな甘くない。制作に2ヶ月ぐらいかけて自分がサイトデザインとコーディングやって裏のシステムを外注したのを作った。ASPというよりゼロから作る感じ。

 

そんなこんなで苦労して作ったECサイトはまぁ、そんなに注文が来なかった。やっぱり1日10件ぐらいかな。そりゃ広告も出してないんだし知ってる人はほとんどいない。かっこ良くて綺麗なサイトなんか作ってもそれが売れるサイトになるわけじゃない。

 

さーて、こっからどうやって売上を上げるか…。社内にWebの担当者はいない。いないから俺が入社したのだ。でも俺もサイトを作れても売上上げる方法なんてすぐには思いつかん…そんなスタートだった。