通販担当の雑多回顧録

移転しました。→http://mackjack.hatenadiary.jp/

父親になって感じている漠然とした不安

子育ての漠然とした不安

日々どんどん成長している我が子を見て、はたして自分がちゃんとした父親なのかと考えるようになった。

 

なぜなら当然俺は父親1年生。そもそもいい父親ってなんなのか?そもそも親って何をすれば良いのか?そんな疑問を抱えていた。

 

分からなければ学ぶしかない。幸い世の中には先人の知恵が沢山知れる書籍がある。良い世の中だ。

 

俺が買ったのはこれ。

お父さんだからできる子どもの心のコーチング (PHP文庫)

お父さんだからできる子どもの心のコーチング (PHP文庫)

 

まだ途中までしか読んでないけど、勉強になる。

 

子育てに必要な3つのこと

一部抜粋すると子供の自立を促すのに必要な3つのこと。それは「愛すること」「責任」「人の役に立つ喜び」

 

「愛すること」とは自己肯定感という感覚が必要。自分はこれでいいんだ!という感覚。この感覚がないと生きている事に意味を見出せなくなってしまうらしい。

だからその自己肯定感を親はしっかり子供に身に着けてあげましょうねってこと。

 

次に「責任」とは出来ることは極力こどもにやらせてみること。幼い子供が飲み物をこぼしたら親が慌てて布巾で拭くのではなく、子供にやらせてみる。そこで親が拭いていたら子供は「あぁ、親がやってくれるものなんだな」と感じて責任が育たない。

水をこぼした→拭かないとテーブルがびちゃびちゃ→そのままだとお父さん、お母さんがご飯を食べにくい。そんな風に考えさせる場をあたえる事が重要みたい。

おやが先回りしてその機会を奪っちゃだめですよーってことですね。

 

最後に「人の役に立つ喜び」とは言い換えると他者貢献ですね。人は誰しも誰かの為に役に立ちたいって気持ちをもってるらしい。その他者貢献の精神を学んだ子は人に対して親切で協力的。周りと調和して生きていけるようです。

 

 

自己肯定感を教えれるか?

そんな内容が載ってるこの本ですが、一番大事だなぁと感じたのは「自己肯定感」です。自分は正直今まで生きてて自己肯定感がほとんど無い人間です。読みながら「この感覚がない俺が自己肯定感を教えれるのか?」とかなり悩んでます。

 

どうやって自己肯定感を自分自身持てるようになるか今考えています。自己肯定感を持つには自分の言葉で言うと「もう一人の自分を黙らす」という事ですね。

 

人間って誰しも何か物事にチャレンジするときに「よしやろう!」って言うポジティブな気持ちと、「あー、絶対失敗するわー。恥かくからやめたほうが良い」というネガティブな気持ちがあります。そのネガティブは完全に消えることのない気持ちなんですけど、出来る限りこのネガティブな自分を黙らすようにすることが大事だなって思ってます。

 

何かを考えるときにポジティブよりもネガティブが先にくる。これは自分の思考のクセがそうさせているので、まずその思考を直す練習を今やってたりしています。

 

なかなか思考グセは抜けない。だって37年これで生きてきたんですからね。でももうそんな考えじゃいれない。子供に教える立場なら自分がちゃんとしていないといけない。そう思ったんですね。

 

 

子育ては自分も成長出来るチャンス

子供が生まれるって人生の中でかなり大きなイベントです。こんなタイミングがなきゃ正直自分も絶対変わってやろうって思えなかったかもです。

 

自分ができてない事を子供にやれというのははっきり言ってダセェので、自分と子供一緒に成長できるような父親になりたいですね。

 

 

5ヶ月の子がバク転しただと!?

この前仕事から帰ってきて妻がこんな事言いだした。

 

「我が子がバク転したのよ…」

 

「は?」

 

いやするわけねーだろ。どんな状況よ?と色々聞いてみると以下のような事らしい。

 

f:id:kawanaka_shouyu:20170218233522j:plain

 

我が子がブンブンッと前後に動きまくってベービーチェアごと一回転したというのだ。幸い怪我はなかったので良かったのだがマジで話を聞いて焦った。

 

後ろに引っくりかえる時チェアのクッションのおかげで頭を打たずに、うまい具合に一回転したみたい。ほんと目を離すと何をするか分からんね。

 

ちなみに使ってるベービーチェアはコレ。

リッチェル ふかふかベビーチェアR グリーン

リッチェル ふかふかベビーチェアR グリーン

 

我が子も5ヶ月になって首も座ってきたからコレに座らせている。

 

なまじ動けるようになったもんだから椅子から出ようとする動きもするんだよな。それで上の漫画みたいになったんだろうけど。

 

でもよく怪我せんかったな…。ちょっと恐いわ。これからドンドン動けて出来ることが増えてくるから俺等も気をつけんといけんね。 

 

ヨーグルトメーカーでR-1を増殖する。

ヨーグルトメーカーを手に入れてちょっとワクワクしている。

 手に入れたのはこちら。

和平フレイズ ソレアード ヨーグルトメーカー SO-161

和平フレイズ ソレアード ヨーグルトメーカー SO-161

 

 

妻が結婚式に参加して引き出物のギフトカタログから選んだ品だ。正直こんな機会じゃないと手に入れようとは思わない。

 

小学校以来の興奮

ものすごい昔に自由研究でやった記憶がある。その当時はヨーグルトが自分で作れる事に衝撃を受けていた。牛乳にヨーグルト混ぜればいいだけだから調子に乗って沢山作ってた記憶がある。

 

妻に「ヨーグルト作りたい」と言うと「私も作る!」というのでケーキカット以来の共同作業を行った。(嘘です)

 

f:id:kawanaka_shouyu:20170211230650j:plain

うーん、ただの箱だ。スイッチすらない。コンセントを差したら左下のランプが付きヒーターが加熱され発酵を開始するようだ。

 

材料は成分無調整の牛乳だ。1Lまたは500mlの牛乳パック。低脂肪牛乳、低温殺菌牛乳、カルシウム強化、加工乳、乳製飲料ではヨーグルトはできないとのこと。冷蔵庫で保存した無開封の新鮮な牛乳を使う必要がある。

 

ではさっそくヨーグルト入れていくが、その前に分量の目安がある。1Lの牛乳に対して120mlのヨーグルトだ。しかし1Lにそのままヨーグルトを入れるとパックからあふれる危険性があるので120mlを抜く。

f:id:kawanaka_shouyu:20170211230704j:plain

入れるヨーグルトはR-1

 

早速入れよう。R-1は112mlで若干少ないがそこはまぁ誤差の範囲だろう。

f:id:kawanaka_shouyu:20170211230724j:plain

ヨーグルトはプレーンヨーグルトまたは、ヨーグルト菌(活性乳酸菌)が必要。種にするヨーグルトは果実や寒天が使っているものは使用するなと書いてある。

 

f:id:kawanaka_shouyu:20170211230739j:plain

入れたら蓋をして密閉する。

 

f:id:kawanaka_shouyu:20170211230743j:plain

クリップで念入りに。

 

f:id:kawanaka_shouyu:20170211230819j:plain

牛乳パックごとヨーグルトメーカーに入れて、カバーを被せ電源を入れる。これで10時間ぐらい待つ。明日には完成しているはずだ。

 

やってみたら一瞬で終わった

昔はもうちょっと時間をかけてやった記憶があるが、やってみたら意外とあっさりしすぎていた。

 

どんな味にになっているかはまたのお楽しみ。

 

 

 

 

 

 

あまり有名になってないけど、これは良質な日本映画。

f:id:kawanaka_shouyu:20170115214629j:plain

久々邦画見て面白いなと感じた

今日は朝から大雪。広島市内で雪が19センチ積もるなんて33年ぶりだとテレビで言ってた。なので今日はおとなしく家に居てじっとしていた。

 

妻が「物凄い暇だからファミリー映画みたいなアットホームなヤツみたい」とか言うので「それってフルハウスか?」って聞くと「そうじゃないけど何か見たい」とアバウトな事言うのでAmazonビデオの中から見たいのを選ばせた。

 

そして妻が見たいといった映画が「鍵泥棒のメソッド」。ファミリー映画じゃねぇよコレ!まぁ細かい事はいいや。役者は有名どころが出てて凄いけど、あんまり聞いたことない映画だなと思った。というか半沢と大和田常務じゃないかよ。

鍵泥棒のメソッド

鍵泥棒のメソッド

 

 ということで妻と2人でこの映画を見てみたんだけど、結論から言ったらメチャクチャ面白かった。

 

やっぱ最初が肝心

映画のスタートには“つかみ”が欲しい。惹きつける要素がないと見ててどんどんつまらなくなっていく。この映画の最初は広末涼子演じる水嶋香苗が目標の期限までに結婚すると職場の皆に報告する。でも結婚相手がまだいないので良い人いたら皆さん紹介してくださいと言って物語がスタートする。

 

それを見て、こりゃいったいどういう展開になっていくんだと興味津々になった。次に場面変わって完璧な仕事をする殺し屋の山崎がひょんなことから記憶喪失に。そこから記憶が戻るまでの山崎の生き方がおもしろい。山崎って人間はその仕事ぶりが真面目で事あるごとにノートに記録していく人間。記憶が飛んでからも自分がどんな人間であったかを思い出そうと、ノートに生活のこと仕事のこと等を色々書き込んでいた。

 

話せばネタバレになるのでここまでにしとくけど、2時間を超える映画だったのに全く眠くならず最後までずっと見続けることができた。家で映画を見てしょっちゅう寝てしまう俺としては珍しい。

 

 

山崎のその姿勢

山崎の仕事の姿勢に考えさせられるものがあった。山崎は記憶喪失になっている間、全く別の仕事をするんだけど分からないなりに努力する。夜に関連の書籍を読みながら大事な事はノートに書き写す。仕事のできる人間はそうやって努力をするものなのだなぁと感心しながら見ていた。

 

自戒の念を込めて書くが「時間がない」とか「忙しい」と言ってついつい夜にテレビ等をみて無駄な時間をすごしてしまいがち。努力する人は空いた時間を見つけて勉強をしているものだ。

 

今回の映画を見てそんな気持ちになった。なかなか有意義な時間だったな。また明日から仕事を頑張ろう。

 

 

 

通販部の成長を止めるものとは一体?

今日は会社で通販部の会議があり、この時期になるといっつも悩まされています。

 

この時期は来年度の年間計画を立てる時期。来年度売上なんぼで利益なんぼ残すのか?って話をするんですね。とっても気が重いです。

 

何故か?

 

結論から言うと結局机上の空論になっちゃってるんですね。

 

売上目標を目指してはいるけど…

前年比120%。僕がいる通販部は毎年こんな目標だったりします。通販というのは沢山の経費を使うんだからそれだけ頑張れよ!売上あげろよ!利益残せよ!ってのが通販部に対しての要求みたいです。

 

えぇ、わかってはいるんですよ。そりゃね通販ってめっちゃ金使いますから。

 

売上に対して各費用は以下のように使います。

間接経費…10%
人件費…10%
DMプロモーション費…12%
新規広告費…11%
 
<フルフィル費用 14%> 
仕入れ費用…0.5%
雑費…0.5%
フリーダイヤル…0.3%
各種決済手数料…2.2%
配送料…10.5%
 
DM資材費…2%
製造原価…36%
 
上記合計 95%
 
つまりは利益5%残そうって考えです。
 

やっぱ新規獲得費がデカイ

項目の中でデカイ割合で一番重要なのが新規広告費。これは通販の要である新規顧客獲得費用です。何か事業をする時投資しますよね。製造なら設備に。小売なら店舗に。通販で言えばまずはこの新規獲得に投資するんです。
 
ウチは新聞広告に投資して新規顧客を集める。だから広告≒店舗なワケです。そんな考えでやってるんですけど、他部署からしたらただの広告費だろって感覚で減らせ減らせといろいろ仰る。毎回この部分をいくらに設定するかで揉める。
 
でもですね、この広告費を削れば通販事業は立ちいかなくなる。だって小売で言うところの店舗を無くすに等しいですからね。まぁそんな批判のはねのけ広告予算をもらって事業を進めてきましたよ。
 
新聞に出して毎回お客さんが沢山注文してくれたら良いですけどそうもいかない。良い悪いは当然有ります。結果が悪ければ「ほらみろ、やっぱダメだ」とか「売上が少なければ予算通りに広告費使ってちゃダメだ。抑えろ」なんて仰る。
 
そんなこんなで、1年が過ぎていって結局中途半端な顧客数しか注文くれてない状況になり最終的な売上もあんま前年と変わらず120%なんて遠い夢となる…。
 

成長を抑制するものとは

それは他部署からの理解が得られてないこと。もっと言えば販管費抑制思考ですね。販管費は極力減らせ。そうすれば利益は出る。それは確かに正しいでしょう。通販以外ならね。でも通販では違う。成長するぞって時には売上に対して50%かけることもある。単年で考えれば当然赤字ですが、そこは2年、3年と考えた時にどうなっているのか?そんな風に考えて利益を残すのが通販事業です。そこに悩み苦しみまた今年も同じ結果になってしまうのかとちょっと絶望中。
 

どうすれば現状を変えれるか?

社内での理解を得るのも必要ですが、受注を受ける体制もしっかりしてないとダメです。新聞に広告出して見た人が注文してきます。その注文を受けるのは今のところ自社で受けてます。会社によってはコールセンターを外注して受けるところもあります。しかしうちの場合は自社でやるから結構大変。例えば1日に500件注文がきたとしたらどうでしょう?それを受ける人が100人いたら1人5件で済む話ですが、現状受ける人数は多くて4人です。一人あたり125人受ける計算ですね。
 
一人あたり3分話したとして125人×3分=375分。375÷60分=6.25時間ですね。1日の大半を電話を取ることに集中することになります。細かく言えば4人のうち2人は別部署の人間です。つまり通販受注は2人で電話を取るだけが仕事じゃなく入力作業して、その後請求書や送り状を印刷しセットアップする作業までやっているというかなりハードなもの。まぁ、これは極端に書きましたが人数が少なけりゃこんな状況にもなります。
 
そんなハードな状況なので電話受けようにも、もうそろそろ自社受けは限界ってところまで来てるんですがいかんせんコールセンターをやったことがないので「お金かかるんじゃないの?」とか「まだウチのような規模では時期尚早」みたいな声もちらほら。いやでもね、十分すぎるほどコールセンターやったほうがいいレベルだと思うんですけどね。
 
この部分の他部署からの理解度も低いです。「電話なんて簡単に取れるでしょ。わざわざコールセンターなんていらないよ」と肌感覚で感じます。そんな状況だから新規の件数をしっかり獲得できない。獲得できなければ売上を作ることに繋がらない。そうなれば金だけ使って何やってんだ通販部は!?みたいな事になっちゃうんですね。こんなのをもう何年も繰り返してずっと成長できずに売上はずっと横ばい状態です。
 
新規を獲得出来ていないのは受ける人だけじゃない。受ける回線も当然影響します。うちは3回線しかない現状でお客さんが一気に電話してくる状況って想像できますか?殆どのお客さんがつながらなくて通話中状態です。あとでかけてきてくれた人は「なんかずっと話し中よ、何やってんの?」なんてお叱りの声も頂きます。
 
とまぁ、色々と問題を抱えているわけでしてね。成長の踊り場というヤツでしょうかね。
 

まとめ

毎年同じ結果にならないためにしっかりと新規予算をもらってコールセンターで新規獲得を実行する。もうこれだけ。出来なけりゃまた同じ結果です。頑張れ俺。
 
 
 
 
 
 
 

妻がいない6時間。果たして俺は無事子守が出来るのか!?

あらすじは前回のエントリーから。 


お母さんって凄い 

妻が友人の結婚式に参加するため家を6時間空ける。その間なんとか俺1人で乗り切らないといけない。今回1人で子守をしてみて、ホント世のお母さんは大変なんだなと身を持って知りました。そんなお母さん方がこの内容見たら「たった6時間ぐらいで…フン」って思われるかもですが、俺なりに頑張った記録として記事に残しておきます。

 

f:id:kawanaka_shouyu:20170109171957j:plain

 

我が子との6時間

ナイトウェディングってことで妻は15時に家を出た。とりあえず俺の考えた作戦は「ミルクを飲ませて寝させよう!」だった。いつも母乳を飲んだらウトウトして寝る我が子だからミルクでも上手くいってくれるだろうと安直に考えたのだ。

 

飲ませてすぐに寝てくれた…が、わりとすぐに目を覚ます。そっからはずっと泣きっぱなし。

 

ヤベェヤベェと焦る俺。何とかせねば…。

 

そうだ、兄貴から貰ったベットメリーであやしてみよう。なんか6通りに使い方があるようで、組み立てたメリーの近くで抱っこしながら泣き止むのを期待する。

 

6WAYジムにへんしんメリー

6WAYジムにへんしんメリー

 

 

音と動きによってじーっと見つめる我が子。やったこれでなんとか泣き止んだ。

 

だがそれも長くは続かず、次に抱っこ紐を装備してみるもやっぱり泣きやまず。そんでミルクをまたやったりしてみるも泣きやまず。

 

もう俺、引き出しがない…。どうすれば…。

 

時計を見たらもうちょっとで18時。いつも妻はこのぐらいの時間に風呂に入れているのでよっしゃとばかりに湯を張って風呂に入れる準備。

 

早速入れて落ち着く我が子。風呂が好きな我が子は風呂の最中はほとんど泣かない。手足をバタバタさせて喜んでる様子。

 

つかの間のリラックスタイムだなと安心しているその瞬間

 

ブヴォッ!

 

!?

 

湯の中で盛大にうんこをする我が子。お湯がだんだんと茶色に変わっていく。

 

Oh...Jesus…まぁ、その後は頑張って体洗ってドタバタしながら風呂を出た。

 

お風呂に結構な時間がかかった。まぁ、結果的には時間を稼げたのでよかったのかもしれない。

 

風呂に入ってる間に妻が用意してくれていた母乳を解凍して哺乳瓶に入れて湯煎する。ちょうどいい温度にしたところで我が子に飲ませるとウトウトしだした。

 

そしてなんとか寝させることに成功…だが30分後に目を覚ます。

 

妻からLINEが来て帰るのは21時半になるとのこと。その時が20時で帰るまであと1時間半ある。結構長い。例えるならドラゴンボールベジータとナッパが地球にやってきて、悟空の到着を待つクリリンの気持ちがよくわかった。マジでそんな気分だった。

 

これからのために

今回は焦りまくりでドタバタしまくった。しかし最初から上手く出来るもんでもないし良しとしよう。6時間という短い時間だけどその中でいくつか気付きもあった。「うちの子はミルクよりもやっぱ母乳が良いんだな」とか「1人で風呂入れるのって超大変」とかね。そういう体験を出来たのは収穫だった。

 

次にまた我が子と2人の時間が訪れた時は今回より成長している自分でいたい。それに妻に1人の時間を徐々に増やしてあげれたらと思う。

 

引き続き勉強+実践だな。

 

 

我が子と二人っきりの時間が訪れる不安感

妻がちょっと外出するだけでも超不安。

 

f:id:kawanaka_shouyu:20170107155701j:plain

 

不安な理由

正直泣かれた時にオロオロしっぱなしだと思う。もしギャン泣きされたらどうすればいいのか?ミルク?いやオムツ?それともただ眠たい?赤ちゃんは泣くことで感情を出すらしいから何かしらを伝えている。それを上手く察知できるかどうか。平日の夜と土日しか一緒にいないから正直まだ察知できるかどうかも不安。

 

なので抱っこ紐してとりあえず泣かせないように寝させる作戦を取る。俺はあやす引き出しが少ないのでなんとか寝てもらって凌ぐしか方法がないと考えてる。

 

後日大きな壁が待ち構えている

妻が明日結婚式に出かけるのだ。空ける時間は6時間程度と聞いている。いやー、これは超怖い。正直我が子と二人っきりになった時間はこの30分がはじめてなのだ。なのでいきなり6時間一緒に過ごすのは超不安。ギャン泣きされずにうまくあやせるだろうかとビクビクしている。

 

そこでミルクの練習をちょこちょこやってきた。なんとかミルクは飲んでくれるので大丈夫だとは思ってる。あとは泣きやまない時はおしゃぶりを加えさせてみようとも思う。そして抱っこ紐で揺らして寝させる。数少ない引き出しをフル活用して6時間を乗り切りたいと思う。

 

というか妻がいない間お風呂に入れないといけないという大きなイベントも存在する。今までも一緒に入れていたが、我が子をお風呂からあげてタオルで拭く、服を着せる作業は妻にバトンタッチしていたので、その部分を1人でやるとなると上手く出来るか不安。とにかく明日やるしかないのだ。

 

なんとか楽しみながらやっていきたい!