読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

通販担当の雑多回顧録

仕事の通販のことは少々。自己啓発・引き寄せの法則ネタ。あとは最近生まれた我が子ネタ等色々書いています。

情報をもう少し深く知るようにする

どうも本田です。

3連休最後の日でした。今日は真夏日で広島では30度超えてました。もう梅雨明けしましたかね?

 

いきなりですが、本田はたまにこう思います。「世の中にある情報は一体どれだけの量があって、そして自分はその情報のどれだけを知っているだろうか?」と。例えば本田は車の運転方法を知っていても、車のひとつひとつのパーツがどんな名前であるか、もしくはどんな役割があるかを100%は知りません。

 

だから人間ひとりが保有している情報量というのは、小さいものなんだなと感じています。そんな前振りから一体どんな話が始まるのかということですが…。

 

f:id:kawanaka_shouyu:20140721150030j:plain

ORIRO緩降機。

 

今日はコンタクトレンズを買いに行きました。自分がいつも行くところはビルの中にコンタクトレンズ屋と眼科あります。コンタクトレンズ買うには医師の検査が定期的に必要で眼科も併設されているところが結構あるんです。

 

いきなり話が飛んで何を言っているのかという感じでしょうが、要はコンタクトレンズを買いに行ったそのビルの中にはこのORIRO緩降機があったのです。待合いスペースの横にこの看板がありました。

 

そして本田は思ったのです。「自分はこの緩降機の使い方が分からない」と。

 

果たしてとっさの状況になった時に自分はこの説明書きを見ながら手際良く行動できるだろうかと。

 

シュミレーションしました。とっさの時焦って自分なりの解釈で勝手にやってしまいそうで自信がなくなりました。とりあえずメーカーのHPで確認してみましょう。動画で説明をしているものがありました。

 

サービス概要―緩降機|ORIRO 松本機工株式会社

 

 降下試験(最重要
イ). 体に着用するのは必ず短い方のロープ(長い方のロープは地上に降ろしておくこと)。
ロ). ロープを2本とも握って窓の外へ
ハ). 体勢を整えたら両手を離してください。そのまま自重で降下します。 

 

最重要の部分をイメージトレーニングしました。とっさの時はなんとか動けそうです。

 

今日のブログ、結局何が言いたいのかということですが、情報って今は沢山溢れています。そして表面だけを見て知った気になっていてはいけないなと本田は思います。この緩降機、とっさの時の非常器具という情報はわかりますが、その使い方までは詳しく知らなかった。だからもう少し突っ込んで情報を知る。そうするとまたひとつ自分の世界が広くなるなというお話です。

 

長々とすいません。

 

明日から仕事という方も多いでしょうね。頑張りましょう。それでは!

広告を非表示にする