通販担当の雑多回顧録

移転しました。→http://mackjack.hatenadiary.jp/

自分の為に何かやってくれた人には、何かを返したいと思う。

どうも本田です。

 

世間はお盆休み。本田もお盆休みを頂いているので、昨日は以前の職場でお世話になった先輩と久々にご飯に行ってきました。

 

まぁ、久々と言っても約4、5ヶ月ぶりぐらいですけどね。お互い職場が変わってからも定期的に会って、最近の近況報告を話したりしています。

 

先輩は本田の中の数少ない友人の1人です。友人というか親友だと本田は思っています。結構大事な人で仕事の考え方、人としての在り方、色々教えてくれました。今でもその感謝は忘れていません。

 

やはりそんな人だから本田も何かあれば、お返しをしたいなと思っていたりします。以前、先輩が結婚するという時に、結婚パーティーの司会を頼まれました。司会なんてやったことなかった本田ですが、先輩の頼みであれば断れません。というかこの先輩の為に恩を返せたらという気持ちが強かったので引き受けました。

 

結果、結婚パーティーは上手くいって、先輩からも感謝の言葉をもらえて「やってよかったなぁ」という気持ちになりました。

 

とまぁ、つらつらと書いている本田ですが、「結局今日のブログ何が言いたいの?」と読まれている方は思っていらっしゃるでしょうね。

 

今日本田が言いたい事は「やってくれたら、こっちもやってあげる

 

という本当に今さらそんな事かよ!ってツッコミが入りそうな教訓です。でも当たり前すぎて簡単に思いがち。本田もそうです。

 

自分に対して何かしてもらったら、嬉しいと同時に感謝して、自分も相手に何かしてあげないとなって思います。本田が相手の為に何かやってあげて、向こうもそれを受けて返してくれたら嬉しいです。

 

人間関係ってほんとコレ大事です。持ちつ持たれつって言葉もあるぐらいだし。様々な人と協力して生きていかないといけません。

 

でもね、やってもらいっぱなしでそのままの人もいます。そうなってしまっては、なかなか友人関係を維持するのは難しいですよね。これは友達だけのことじゃなくてビジネスでも当てはまります。

 

例えば、仕事が出来る人がいます。その人は正確無比で確実。だけどやってもらった事に対してお礼を言えない人だったらどうでしょう。仮に本田がこの仕事が出来る人に何かして、お礼も返してくれなかったらどう思うか。あんまり良い気分になれません。やっぱそこに感情があるから。人間どうしても感情を無視することはできません。

 

やらしいですけど、やっぱり友達でも期待しちゃうんですよね。それが人間だと思います。何も期待せずに相手のためにやってあげるという事は、神様のようなレベルに達しないと難しそうです。本当はそう考えれる事が一番なんでしょうけど。

 

やってくれたら、やってあげる。それはホント些細な事でいいんです。何か新しい情報を教えてくれたら、ちゃんと礼を言う。仕事手伝ってくれたらそれに対してジュースおごる。そんな事で良いんだと思います。それが良い関係を築いていける潤滑油になるんですよね。

 

人は最終的には感情の部分で判断してますからね。だから良い関係性を築くのってわりと些細なことで当たり前とされてること。でもそんな風に考えてるから軽んじてしまう。基本に忠実でないと応用もできません。

 

これは友達同士でもビジネスの相手でも当てはまること。忘れちゃいけないです。

 

先輩と会って、そんな事を考えてました。本田と関わる人を大切にしたいです。それは勿論、川中醤油の商品を購入してくださっている皆様にも。

 

長々と書きました。それではまた!