通販担当の雑多回顧録

移転しました。→http://mackjack.hatenadiary.jp/

久々に心を奪われたゲーム

どうも本田です。

 

本田はここ最近全くゲームをしなくなりました。過去には格闘ゲームの「スーパーストリートファイターⅣ」等の対戦格闘ゲームにハマっていましたが、それもちょっとの間です。

 

もっと遡ると「餓狼伝説」や「ザ・キング・オブ・ファイターズ」シリーズをよくやりました。本田は対戦格闘ゲームが好きなんです。広く言えばアクションゲームですね。そんな本田も最近では全くです。

 

理由はなにか?単純にゲームをしている時間がもったいないと感じるようになってしまったから。あくまで本田の場合ですけど、そのゲームをしている時間をもっと他のことに使えないかなと考えるようになったというだけの話。

 

そんな最近の本田だったのですが、下記の記事をみてなんとなしに「2048」というゲームをダウンロードしてやってみることに。


『Threes!』と『2048』の間にある問題。早すぎるパクり系の登場がゲームに与える影響。

 

あのー、正直面白いです。結構やみつきになる面白さです。簡単にルールを説明すると数字をスライドさせて、隣り合う同じ数字をくっつけていくという単純なもの。例えば2と2が隣り合っていたら4になる。4と4が隣り合っていたら8になる。16のマス目の中でそれを繰り返し最終的には2048のタイルを作ることが目標です。

 

スライドさせると全ての数字がスライドさせた方向に動くので、そこがまた頭をつかうポイント。単純だけど奥が深い、そんな印象のゲームです。

 

上記の記事にあるようにこれは派生したゲームのようです。まだ元となったゲームは遊んでないですが、ちょっとこのゲームの面白さが優先してとりあえずこればかりやっています。

 

ちょっとした待ち時間には最適なゲーム。当分は飽きそうにもないので、楽しみたいと思います。ただダウンロードする前まではゲームの時間がもったいないとすら思っていたのに、こっちを優先してしまう。何が違うんでしょうか。

 

考えるに手軽さですかね。プレステ3とかで長編のゲームをやろうとすると、毎日ちょっとでもやるとして、結構な時間になるなぁと容易に想像が付くからです。対戦格闘ゲームが好きだという理由もそこで、わりと短くサッと遊べるからというポイントですね。ハードはスマートフォンだからいつでも手軽にという部分がよかったのかも。

 

まぁ、そんな自己分析をしつつ明日に備えて就寝の準備をします。

それではまた!

広告を非表示にする