通販担当の雑多回顧録

仕事の通販のことは少々。自己啓発・引き寄せの法則ネタ。あとは最近生まれた我が子ネタ等色々書いています。

かき小屋に行ってきた!

どうも本田です。

 

本田がちょこちょこ話に出している「かき小屋」に行ってきました。昼過ぎに行ってきたのですが、物凄い行列ですね。入るまでに1時間以上かかりました。やっぱ皆牡蠣好きです。

f:id:kawanaka_shouyu:20141103133001j:plain

 

行ってきた場所は宇品にある広島みなと公園内にあるかき小屋です。近くに駐車場もあって皆さん来やすいってこともあるのか、とにかく行列長すぎです。

 

f:id:kawanaka_shouyu:20141103133050j:plain

 

やっとこさ中に入って牡蠣にありつけます。このざっくりとした雰囲気がいいですね。コンクリブロックに炭を入れて、その上に網を無造作に置いています。炭の周りに木枠の机とビールケースみたいな椅子。机の上にはポン酢と醤油、こしょうと塩が用意されています。

 

f:id:kawanaka_shouyu:20141103143826j:plain

 

だいたい頼むものは決まっていて、やっぱり1,000円の焼きガキですよ。10個ぐらいの殻付き牡蠣がザルに入ってます。それが1,000円ですから結構お得な金額ですよね。あとはホタテ、黒豚スペアリブ、じゃがバター、アナゴ、牡蠣飯を注文しました。2人分ぐらい頼んで5,000円ぐらいでした。わりとリーズナブルです。

 

f:id:kawanaka_shouyu:20141103145010j:plain

 

本田がかき小屋に来るのはこれで5回目ぐらいですが、今回頼んだ牡蠣は凍っていたせいもあってか、炭の上に乗っけてもなかなかパカっと殻が開きません。いつもだったら熱して1分くらいで殻が開くんですけどね。

 

そして去年は牡蠣の平たい部分を焼いて1分、裏返して1分だったような気がしましたけど、今年は3分、3分になってました。よりしっかりと焼くように指導してますね。そして3分が分かるように砂時計なんかも貸し与えてくれました。配慮も行き届いてます。

 

しかし、牡蠣が焼けるまでの間がちょっと間が空きますね。まだかまだかと早く食べたくなります。

 

そんなかき小屋ですが、やっぱりアトラクションですね。焼くのが楽しいし、そしておいしい。だからやめられないです。

 

今シーズン、もう1〜2回は行きたいですね。それではまた!

 

 

広告を非表示にする