通販担当の雑多回顧録

移転しました。→http://mackjack.hatenadiary.jp/

家を探しています⑦

条件にドンピシャな物件に出会えた本田はすぐさま申し込みしました。

 

何でもそうですが、タイミングを逃したらもう二度とそのチャンスは巡ってきません。結構良いと自分で感じたならすぐに行動する事!これは人生の鉄則ですね。何事もそんな考えてビシバシと決めていけたらいいですがね。

 

今回の物件は敷金と火災保険のみで駐車場有りな物件です。家賃も本田の希望条件内とくれば決めるしかないですね。だから礼金、共益費、更新料がないんですね。探せばいい物件あるもんです。

 

今回は仲介手数料と火災保険についての話し。

 

部屋を決めて不動産屋さんから契約の請求書を渡されました。家賃、敷金、仲介手数料、火災保険です。まず仲介手数料とは紹介してくれた不動産屋さんに支払うお金。仲介手数料の上限は1ヶ月分の家賃です。本田はまるまる1ヶ月分を請求されました。ただこれは仕方ないなと思っています。なぜならこの物件はネットに出回る前の物件で、本田はこの物件の存在を知り得なかったから。

 

もしこれが、ネットに掲載されてて「この物件を紹介してくれ」と本田が言っていれば話は別です。だって半分は本田が探してる物件ですからね。その場合は「仲介手数料を0.5ヶ月分にしてくれ」と交渉も出来るんですが今回はそれは無理と判断しました。

 

次に火災保険。この不動産屋が指定している保険に入ってくれとの事でした。金額は20,000円。この金額って専有面積によって変わってきます。だいたい2年間有効で33㎡なら1万円、66㎡未満で1万5千円、99㎡未満で2万円ほどです。ちなみに住む場所は60㎡以下です。であれば1万5千円ぐらいが妥当だろうなぁーと思って交渉しました。

 

「そんな高級な物ないんで、保険料を安いタイプにしてください」と。その結果2年間で1万2千円のタイプに変えました。万が一家財がやられたとしても、この保険料で出る保険金内でカバーできると踏んだので。そんな高級な物ってウチにないんですよね。

 

そんなこんなで、無事契約できてよかったです。

広告を非表示にする