読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

通販担当の雑多回顧録

仕事の通販のことは少々。自己啓発・引き寄せの法則ネタ。あとは最近生まれた我が子ネタ等色々書いています。

誰も悪くない…だけど俺は傷ついたんだ。

俺の歴史

今週のお題「一番古い記憶」

 

一番古い記憶か、何だろう。

 

思い出すのは小学校の頃のバレンタインデーの話。

 

俺は当然ワクワクしていた。「もしかしたら今日チョコレートをいくつか貰えるかも」と期待していた。

 

学校に行って教室に入るといつもと変わらぬ風景。バレンタインデーだからといって何かカイジばりにざわざわしている様子でもない。

 

そんな雰囲気のまま午前の授業をこなし、昼飯を食べて午後の授業も受け、掃除して帰りのホームルームのいつもの日常として過ぎていった。

 

・・・

 

「あれ、今日もしかして何ももらえない?」

 

小学校の頃の俺はお世辞にもモテる人間では無かった。だがしかし期待してしまうのが男というもの。結局俺はバレンタインデーでチョコを貰える事もなく、その日を終了してしまった。

 

「あぁ、残念だなぁ」とか思って、親からも「あんた、チョコもらったの?」とか言われて貰ってねーよ!とか反論するのも面倒くさいので「いや…」とか行って自室に篭った気がする。

 

そしてバレンタインデーも忘れかけた数日後の事。仲の良いY君と話していた時、Y君が驚愕の事実を俺に告げた。

 

「ほんちゃん(昔のアダ名)もチョコ貰った?」

 

えっ?「も」って何だ?「も」って…。つまりはY君は貰っているという事だよな。そんな事を考えていたら更に追い打ち。

 

「皆も貰ったみたいだけど…」

 

!!??

 

Y君の言う皆というのは、俺とY君を含めた7人の遊び仲間。いつもその7人で放課後遊んだりしていた。その皆もチョコを貰ったと!?

 

だとするなら俺以外の6人が貰って…つまりはその…。

 

俺だけハネにされた状況をY君から聞いた俺は立ち尽くした。俺の異変に気付いたY君は「あっ、やべ…」って表情。まぁ、これは遊び仲間がハネにした訳ではなく、女子が俺だけには何故かくれなかったということであって、誰も責めることもできず、なんだかモヤモヤした気持ちだけが大きく残った。

 

「なんだかなぁ~」

 

ホント阿藤快ばりにそう思った。

 

 

 

 

 

 

記憶というのは良い記憶よりも悪い記憶の方が印象に残る。自分の場合はふとその記憶を思い出した。一種のトラウマレベル。結果的に俺は傷ついたがでもそれはどうする事も出来ない事。

 

なんだろ、昔の思い出をブログに書くのは新鮮ですね。また自分の自伝、気が向いたら書きます。

広告を非表示にする