読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

通販担当の雑多回顧録

仕事の通販のことは少々。自己啓発・引き寄せの法則ネタ。あとは最近生まれた我が子ネタ等色々書いています。

人は周り見ているし見られている。だから結果を意識しなきゃ。

働くとは

仕事は結果が全て

ほんとよく使い古された言葉で新鮮味もなく右から左へ聞き流してしまいそうな言葉。だけどこれは真理。「自分は頑張っている、そこを見て欲しい」という人がいる。でもそれで成果につながらなければまわりから評価されない。

 

仕事で数字を残していない人がいるとしよう。分かりやすく野球の打率にしようか。打率1割の人と、3割の人はどっちが沢山チームに貢献してるか?そりゃ言うまでもなく後者だよね。でも1割台の打率の人が「俺はすごく練習してるし、その練習姿勢をもっと見て欲しい!俺頑張ってんだから!」。そんな事を言われても多分周りは「何言ってんだこいつ」ってなると思う。

 

そこには説得力がない。どんな世界でも人は結果で見ているんだ。

 

誰も経過なんて見ていない

じゃ、何故人は経過を見ないのか?単純に言うと外から見てて分からないから。人はそれぞれ自分の仕事をやってて、同じ部署内でも事細かに相手の事なんて見ている暇はない。小さい会社ならなおさらだよね。

 

あと利益につながらないから。どんな会社も利益を生み出すために事業を行ってる。慈善事業なんてやっちゃいないんだ。だからより結果を出す人間に仕事を回す。

 

結果を出す上で必要な事

2つある。まずは行動すること。「なーんだそんな当たり前のことかよ」って多分思ったでしょ。いやでも考えてみてよ。「あー、またあしたやればいいや」とか「ちょっと休んでからやろう」ってやること毎日の中でたくさんあるよね。それで結果ズルズルいってやるのが先送りになっちゃう。

 

だから行動するって実際物凄く簡単そうで難しい。仕事してたら毎日選択の連続。決める事が多々ある。いや人生も決めることの連続だわ。AかBのどっちか?どっちかは間違ってるかもしれない、どうしようか…。そんなん考えてたらどんどん時間は過ぎる。まぁ、話し逸れてきたけど、何が言いたいかってグチャグチャ言う前に動けって事。

 

次に周りの人との関係を作っておくってこと。信頼がなければ仕事も回ってこない。どんなに優秀でもいけ好かないヤツは仕事を回さない。だってムカつくしな。人間なんてそんなもん。感情が先にきて、その後に理論をくっつける。だから人たらしになることを皆にもおすすめする。

 

まとめ

結局1人じゃ仕事できないんだから、周りからの信頼を集めとけってこと。それからSTARTして、言われたことをしっかりやって結果を積み上げて地位を上に持っていく。持っていく上で、人との関係でゴマすったり、ヨイショすることも必要。そんな人間は能力無くても上司から気に入られてる。やっぱ感情なんだよ。

 

たまに下の記事読んで、自分への戒めと発破をかける意味で読み返してる。自分にもダメな時期はあったし、今でもまだまだだけど良い結果を残すために頑張りたい。

 

d.hatena.ne.jp