読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

通販担当の雑多回顧録

仕事の通販のことは少々。自己啓発・引き寄せの法則ネタ。あとは最近生まれた我が子ネタ等色々書いています。

【定期ネタ】M君、女の子と映画に行く!?

28歳になる会社の営業部員、M君の話です。

 

M君がどんな人かは下記のエントリーから把握してください。

 

kawanaka-shouyu.hatenablog.com

 

kawanaka-shouyu.hatenablog.com

 

kawanaka-shouyu.hatenablog.com

 

久々に浮いた話?

M君は正直女の子をデートに誘えるような度胸が無いため基本待ちの姿勢です。そんなM君に久々(?)浮いた話が出てきました。なんでもM君は今やってる映画の「図書館戦争」が好きみたいで前回も見てたようです。

 

M君はその事を得意先の女の子にしたみたいです。以下聞いた話です。(俺の脚色が少し入っています)

 

M君「俺さぁ~、図書館戦争好きなんだよね~、前作も見たのよ~」

得意先の子(以下 得)「えぇ~、そうなんですか~、あたしも気になってたんです~」

M君「おっ、マジで。じゃぁ一緒に見に行く?」

得「そうですね~、でも私パート1を見てないから、それ見てからにします」

M君「おっ、そうじゃね、じゃあ見たら連絡頂戴ね」

 

上記のような流れみたいです。ここで一つ気になることが…。「もしその子が映画の期間中にパート1を見なかったらそのデートは実現されないってこと?」そんな風にM君に聞きました。するとM君は…

 

「いや、あの子はちゃんと見てくれます…きっと」

 

なんかまた、はっきりしない約束のデートです。というかそもそもこれは、M君に対してその子は社交辞令で言ったのではと思うのですが、M君にその認識はないようです。

 

映画が公開されてすでに1週間。だいたい映画ってのは1ヶ月も立てば終わってしまうのにM君は動こうとしない。そもそもこの話は公開1週間ぐらい前からしている話だからすでに2週間ぐらいは経ってる。

 

多分と言うか、このデートは実現しない。その理由を以下に上げましょう。

 

1.やっぱりこれは社交辞令だと思う。

もしも得意先の子がM君に恋愛感情になりそうな想いを抱いていたら速攻このデートは成立していると思う。とりあえず得意先の子はM君と話を合わせて、デートの流れになったから適当な理由で暗に断ったんだと思う。

 

2.M君は結局行動しない。

M君に言ってみた。「得意先の子が、パート1を見ないのなら『映画みた?』って聞いてみたら?」と。そしたらM君は「いやそれはできません」という。理由は、せかしているようで焦らすのもいけないって事らしい。なんともハッキリしない理由だ。そんな事を言っていたら結局目指す目的に辿りつけないのに。

 

そもそもM君の目的は映画に行くことじゃない。本来の目的は得意先の子をデートに連れ出す事だ。だから映画じゃなくてもいい。ご飯でも飲みに行くでも何でも良いワケで、映画にこだわる必要なんて全く無い。映画を見たいんなら1人でいけばいいのに、それはイヤらしい。図書館戦争は恋愛物だから男女で行くべきという考えがあるみたい。今の考えじゃ結局得意先の子は来てくれないだろうから、お母さんと行くしかないね。

 

まとめ

 要は煮え切らない。リスクを負わない。ビビってる。

以上。

広告を非表示にする