通販担当の雑多回顧録

移転しました。→http://mackjack.hatenadiary.jp/

M君、告白する!

今日は会社の後輩M君ネタ。

 

f:id:kawanaka_shouyu:20160402170642j:plain

M君である。超奥手、超受け身の彼は自分から誘うことを一切しない。しかし女の子とはイチャつきたい。合コンでの出会い、紹介での出会いを良しとせず自然発生的な出会いを求める。過去にいた彼女はモンストで有名なあの会社のSNS経由で付き合ったという。しかし会ったことはないらしくSNS上で付き合ったという…。そして3日目で別れたと彼は言う。(それ付き合ってるのか?)

 

忘年会の会場までいく道の途中で

次の日が休みの金曜日、夕方17時半から忘年会がありました。定時後すぐさま忘年会です。会場は会社のとなりの飲食店なので、終わってすぐに忘年会が出来るという事なんです。毎年そこの2階を借りきって忘年会しています。

 

まぁ、歩いて1分もかかりません。その道すがらM君と一緒に会場に向かいました。そして俺が冗談で「今狙ってるあの子どうなってんの?」みたいに話を振りました。するとM君がひっそりと一言。

 

「あの…実はもう…ダメになったんス…」

 

振られるまでの経緯

M君は以前よりちょいちょい仲良くしている得意先の女の子がおり、その子と映画に行くか行かないか、どうも煮え切らないと下記のエントリーで書きました。

結局ですね、映画に行ったんです。絶対に無理だと思ったのですが行ったようです。でも無事行けたのも理由があって、M君をなんだかんだ気にかけてる別部署のF係長が助言をしていたのです。F係長は「このままでは映画の期間が終わるからもう一度自分から誘えばいい」と何度も言っていました。

 

何度も言われてようやく重い腰をM君は上げて誘った形です。誘った結果得意先の女の子は映画に行くことに了承してくれて、見事映画デートは実現しました。

 

とにもかくにも映画デートは無事終了したみたいで、その後2回目のデートで食事もして、3回目会った時に告白して「ごめんなさい」されたみたいです。まぁ、3回目のデートで告白するってのは妥当な線ですよね。悪くはないと思います。では何がマズかったか検証していきましょう。

 

そもそも1回目、映画がダメだった

身も蓋もないですが映画がダメです。俺がダメと思う理由、それは1回目のデートで映画ってこと。(ただまぁ、これはM君が映画を見たかったということで、それはもうどうしようもないです。)1回目のデートって話すことを目的とするもんだと俺は思うんです。なのに2時間近く無言なんですよ。そこがまずダメ。デートなのに話す機会を自らなくしてどうする。デートってのはお互いを知るために話さないといけない。

 

映画見てその後に飯食ったみたいですけど、そうなると結構な時間相手を拘束してしまう。顔見知りとは言え1回目のデートですよ。お互い緊張して最初から結構なストレスなはずです。俺がそんな時は短い時間で切り上げます。そして地雷踏まないようにします。地雷というのはデートでのミスと言いますかね、緊張してたらヘマをしてしまいがち。だから早めに切り上げてマイナスな印象を持たれないようにしときます。

 

だから映画より居酒屋行って、2時間話してたほうがよっぽど有意義。話すことでどんな人間か知れるし相手も自分を知ってくれる。ダメならそこで終わればいいだけの話し。映画じゃ、良いか悪いかの相性がわかりづらい。映画の好みが分かるぐらいかな。居酒屋で2時間話したら、1回目のデートはそれで終了。

 

映画は付き合ってからのほうが無難です。

 

会話の量が少なかった!?

1回目映画と食事、2回目に食事と聞いてます。そんで3回目に告白。うーん、2回目にどんな話をしたかによりますね。あんまり当たり障りのない話だったり、盛り上がらなかったら可能性としたら低いでしょうね。ここらへんはあんまり聞いてないのでこの辺にしときます。

 

まとめ

まぁ、M君は落ち込む必要はないというかね。男だったら必ず振られるもんです。人生でまぁ、10回は振られるモンです。(ジャニーズとかああいう人たちは別です。あれは次元が違います)一般人は最低10回は振られると心に留めておきましょう。

 

失敗をしないと成功はない。成功の裏には失敗が積み重なっている。

 

広告を非表示にする