通販担当の雑多回顧録

移転しました。→http://mackjack.hatenadiary.jp/

広島八丁堀中区にある「中華そば ちから」 昔ながら味を求めてる人向け

ラーメンが好き

 これは本当に好き。スープも飲み干すほど好き。何でこんなに好きなんだろうか。子供の頃から食ってたというのもある。それは以前のヤクルトラーメンエントリーでお伝えしたこともあるんだけど、学校から帰ったらおやつにして食べてたしな。以下にヤクルトラーメンのエントリー置いときます。

 

さてさて、なんでラーメンの話なのか。まぁ好きだと言うこととラーメン屋に行ったからそのレビューでもしようかなと。

 

「ちから」の中華そばに特化した店

 この前の土曜日、ちょっと市内に出て用事済ませたらちょうど昼時だった。「そりゃ何か食って帰るでしょ」と決めて何にしようかなと考えた。ラーメンか牛丼か…いや汁なし担々麺か…汁なし担々麺の「くにまつ」が近かったけど、「ちから」も近かったからそっちに行ってラーメンを食べることにした。

 

「ちから」とは広島市内にあるうどんと和菓子のお店。またうどんと和菓子を提供しているお店というのがちょっと不思議だけど、広島県人にはもう普通の光景として馴染んでる。しかしその通常形態の「ちから」と、中華そばに特化した「中華そば ちから」がある。今回行ったのはその特化した方。

 

何が違うかって、通常形態の「ちから」はメニューにうどん、そば、中華そばというようなメニューなんだけど、「中華そば ちから」のメニューは中華そばしかない。わりとあっさりの「新元味」と、ちょっと味が濃い「こく味」がある。そっからトッピングとかで煮玉子とかも付けれる。

 

ちからでの注文方法

「ちから」は前金制となってる。はじめにカウンターでメニュー見ながら中華そば決めてお金払う。そこで席に着いて中華そば待ってりゃ運ばれてくるシステム。通常形態の「ちから」もこの形で、うどんとか頼んだらうどんと書かれた札を渡されて運ばれて来たらその札と交換みたいなやり方だった。最近は通常形態「ちから」に行ってないけど多分この形なんだと思う。

 

ちからの良さ

カウンターがある。外から見える。まぁ、こんなもんかな。でもこれが大事なんだ。1人で飯食いに行くときはカウンターが無いとダメ。土日の昼間の飲食店なんてファミリーだらけだからファミレスなんて入れたもんじゃないね。(いやそもそも1人でファミレス入るのは敷居が高いけど)

 

お金払って、スッとカウンターに座り中華そばを待つ。おにぎりも一緒に頼んでおけばおにぎりは作りおきなのですぐに運ばれてくる。そのおにぎりを食べつつ待つのだ。至福の時だ。

中華そばの味は?

 悪くない。36歳の俺には丁度いい。「天下一品」というラーメン屋があるが言わずと知れたこってり味のラーメン屋で中年の俺には最近食いづらくなってきた味だ。しかし「ちから」の中華そばはイケる。あっさりでしつこくないから食べやすい。麺はストレートタイプで底まで太くない。歯ごたえも若干固めでコシがしっかりしてる。俺はこのぐらいが好きなので丁度いい。

 

特徴的なのがこの新元味には玉ねぎのみじん切りが入っている。その為具材の歯ごたえがあり、新しい食感。玉ねぎは嫌いじゃないので具材としてはおもしろい。あとはもやし、ネギ、ナルト、チャーシューとほうれん草かな。あんまり中華そばとしての具材としては珍しい。

 

f:id:kawanaka_shouyu:20160305121641j:plain

なんとなく昔ながらの見た目でもあるし、安心して食べられる中華そばだな。

 

どこにあるの?

場所は中区八丁堀で東急ハンズの裏近く。わりと分かりやすい。写真は店舗の外観で、なんとテイクアウトも出来るのだ。おにぎり、おはぎをテイクアウトしてみよう!(俺はしたことないけど)

 

俺がその昔パチ屋バイトしていた時はよくここに食いに来た。その当時は通常形態の「ちから」だったんだけどな。店内は何も変わっておらずメニューだけが変わったという感じだな。通常形態「ちから」も中華そばはあって、それがまた人気のメニューでだったら中華そばに特化するかってことになったらしい。俺としては嬉しいね。前の形態の時も中華そばしか頼んでなかったし。

 

f:id:kawanaka_shouyu:20160305122453j:plain

興味のある方はぜひ。流石に昼時は凄い混むよ。