読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

通販担当の雑多回顧録

仕事の通販のことは少々。自己啓発・引き寄せの法則ネタ。あとは最近生まれた我が子ネタ等色々書いています。

親父のケータイを格安SIMに変更する 其の1

雑記

ちょっと前から知っていた事ではあるんだが、親がどうもハチャメチャ通信料を払っているみたい。親父ケータイ、おかんケータイ、タブレット、自宅の光回線と主にこの4つを契約してて、毎月25,000円ぐらいかかっているとのこと。多い時には33,000円とかいってたようだ。

 

f:id:kawanaka_shouyu:20170103220613j:plain

早速ドコモショップに行って契約の見直しだ!

 

親父のケータイ

そんでさすがにこれは見なおせばもっと安くなるでしょと考えて、毎月の請求書に目を通してみた。すると親父ケータイが基本使用料で10,000近く払ってる。いやいやどんな契約だよと思って見たんだけど、なんか内訳がゴチャゴチャしすぎててよくわからない。大手3社はなんか色んなオプションがてんこ盛りで「これ本当にいるプランなんか?」って言うようなモンまでくっついてる。とりあえずこれ全部やめさせようと思った。

 

いや待てよ、ちっちゃいオプション辞めてもそんな変わらないからいっその事MNPで格安SIM使って大幅に下げようと考えた。幸いにも親父の使ってるスマートフォンは格安SIMの会社でも対応してたから、じゃあもうサッと変えちまおうと俺のほぼ独断で行動した。

 

ちなみに今回選んだ格安SIM会社はmineo。俺自身も先日AU端末のiPhoneヤフオクで買って契約した。これでだいぶ通信費を圧縮できていく予定。親父も同じ方法でやってみることにした。

やっぱSIMフリー端末を選ばなくていいのが楽。ドコモかAUで今ある端末をそのまま使えるのがこのmineoに移行できるのが大きなメリットかな。

 

おかんのケータイ

そんで次におかんケータイ。これはガラケーでとりあえず月5,000円ぐらい。まぁ、ちょっとこれは様子見で今回は置いておこう。

 

タブレット

なんかネット回線を家に引いた時にタブレットも一緒についてくるプランだったようで買ったみたい。そんでオカシイのはこのタブレットWi-Fi回線契約をつけているところ。親父はもう仕事もやめて外で仕事するわけでもない。行くとすればパチンコ屋ぐらいだろうか。だから外にタブレット持っていく機会などないのだ。

 

それをドコモの店員があれこれ言って契約させたんだろうと勝手に推測。契約した当時の事は知らんのであんま適当な事は言えんけど、60過ぎた老人に「外でネットやりますよねー」とか言って勧めたんだろうか?まぁ、そりゃもう分からん。なのでこのタブレットWi-Fiをやめる。ただ端末の代金はあと半年残っているのでそれはしょうがないのでキッチリ払う。

 

自宅の光回線

次に自宅Wi-Fi。これは継続する。オヤジのスマートフォンを格安SIMにしたので、基本的には家でいる時は自宅wi-fiにしておいてデータ通信量を抑えるのは当たり前。だからこの光は当然あって良し。タブレットもこの回線に繋げばいいし。というか光回線契約する時タブレットも付けたらお得ですよとか言われたんだろうな。もうそれはよく分からんからいいや。

 

早速ドコモに

お店に10時半頃行って、整理券を取るとお姉さんが「1時間位待ちます」とか言うけど気にせず待ってた。だいたい30分ぐらいで順番が来て、上記の状態とMNP予約番号の発行と、タブレットの回線終了をお願いした。

 

したら親父スマートフォン回線はMNPで契約終了、タブレットも契約終了で違約金がそれぞれ1万ぐらいかかる言われた。そりゃ痛いが、契約更新月はまだ当分先なのでそれを待っとくのも馬鹿らしい。契約終わらせてMNPに移って毎月の支出を抑えたほうがよっぽどいい。2万取られてもすぐに回収できる。あとMNP予約番号発行費用が2,200円程度だったかな。

 

そんでmineoには新規事務手数料で3,000円。ちょっと移行することで初月は結構費用かかるが1年で見れば余裕で回収できる。とはいえ初月どんくらいかかるんだろ。

 

解約金 10,260×2=20,520(ざっくり違約金が1万ぐらいしか覚えてないので1万で計算)

MNP転出費用 2,200

端末代金(タブレット)ひと月 3,500

おかん 5,000

光回線 5,800

 

mineo 初期費用 3,240円

月額費用 2,700円

 

ざっくり上記がかかってくると思われる。あと親父のドコモ契約この1月もちょこっと使っているからそれも請求されんだよなー、多分。まぁしゃないよな。年間で見たら結構なお得になるはず。

 

 

最後に

高齢者にあれもこれもいらないオプションとかさらにはタブレットとか勧める大手キャリアさんってどうなんでしょうね。なんかただ売りつけたいだけって感じがしてお客の利便性なんてハナから考えてないのがよく分かりますね。

 

あと高齢者になった親父を感じました。「機械操作はよくわからない」と言う親父を見て時の流れを感じました。20年前の親父ならチャチャッと店員と交渉なりなんなりして自分にあった契約をするんだろうなと思ったりしました。

 

その昔親父が新聞屋に1ヶ月購読してくれ!と言われて、「今購読している新聞屋にアンタが直接交渉してこい。そしたら取ってやる」とか無茶言ってた親父です。それが今ではその面影もあんまり感じられなくなってきました。ちょっと寂しいなと思いつつそれもしょうがないんでしょうかね。

 

それじゃまた。続報また書きます。

広告を非表示にする