読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

通販担当の雑多回顧録

仕事の通販のことは少々。自己啓発・引き寄せの法則ネタ。あとは最近生まれた我が子ネタ等色々書いています。

大手配送会社と巨大ネット通販企業の闘いが小説で読める

小説はあまり読まないんだが、ついつい買ってしまった。

ドッグファイト

ドッグファイト

 

 

簡単に言えばヤマトとアマゾンの闘い

途中までしか読んでないけど、ざっくりあらすじ

 巨大ネット通販企業のスイフトは今や生活者にとって無くてはならないほど便利で充実したサービスになっていた。その勢いは今後もとどまるところを知らない。

今後スイフトがやろうとしていることは生鮮食品の当日配送。その配送をするべきでなくてはならないのが大手物流会社のコンゴウ陸送。これまでのコンゴウ陸送はスイフトの荷物を高いサービスレベルで配送しているが、物流量の多さから買い叩きにあいそうな感じ。さーてどうするというお話。

 

 

今まさにヤマトは世間的にも大きなニュースになってる。正直どうなるのかなとその様子を注目している。

 

確かにアマゾンってメチャクチャ便利。昔は本だけの通販だったと思うけど、いつのまにかほぼどんなものでも取り扱っている。まぁ、現時点では生鮮食品はないけどさ。いずれそれも可能になってしまうのかなって思ったりする。でもそんな簡単でもないかな。

 

結局は最終的に配送する人が必要なわけで、その部分はどうやってもアナログ。人がトラック運転して届けないといけない。日本は網の目のように道路状況が発達しているから全国各地に荷物を届けられるけど、その届ける人たちが居なくなりつつある状況でこれからこのサービスを維持できるのかなって単純に思う。

 

人って便利なサービスを体験してしまい、それに慣れると当たり前と思ってしまう。送料無料サービス?それだって誰かが苦汁をなめてる。絶対その送料代金は発生してるけど、買い叩かれてその利益を消されてるだけだよね。

 

アマゾン使ってる所感

やっぱアマゾン利用するよなー、楽天より絶対アマゾンだし。楽天はメールがウザ過ぎて利用はちょっとなぁって思う。ヤフーショッピングは利用したことない。前々からアマゾンって下地はあるんだけどさ。

 

やっぱアマゾンプライムは便利。送料無料なんか年に5〜6回程度使用すれば送料の元は取れるわけだしね。そしてプライムはそれだけじゃない。アマゾンミュージックやアマゾンビデオっていうサービスがついててその年会費だからもう使わない手はないってレベル。

 

このサービスがいつまで続くのか、気になるところです。

 

 

結局どうなるの?

やっぱり送料ってかかるもの。それはユーザーが負担していく状況がこれから生まれてくると思う。でも今は送料無料が当たり前になってるからユーザーが送料をすぐには支払うって感覚が持てないかもしれない。

 

アマゾンは年会費4,000円程度のアマゾンプライムをやってる。その会員になれば送料無料になるっていう物凄いサービス。このサービスをこれから維持できるのかどうか、どういう結論をだすのか。その様子を注視したいと思う。

 

それではまた。